2009年入社 小さな成功が、大きな喜びに。

インタビュー

研修のおかげで、ものづくりの醍醐味を知る。

学生時代は日本史を専攻していました。理系要素はほぼゼロでしたが、ものづくりに挑戦したいと思い、当社への入社を決めました。入社当初はCOBOLというプログラミング言語も知らず、全くと言っていいほどIT知識がなかったので、不安はありました。そんな私の不安を払拭してくれたのが、手厚い新入社員研修やOJT。研修の中でも特に印象に残っているのは、西暦を入力するとうるう年かどうかを判定してくれるプログラムを作成したことです。自分で組んだプログラムが動いた時はとても嬉しく、システム開発の魅力に惹き込まれました。他にもさまざまな研修があり、ITの基本的な知識はそこで身につけることができました。うまくシステムが動かない時は、プログラムのソースコードを読み、一つずつ紐解いていけば解決できるという大原則も、この時に学びました。

今では数千行のコードと格闘することもあります。そのボリュームにはいまだに圧倒されますし、いざテストをしてみると、思うような結果が得られず、落ち込むこともあります。それだけに、想定通りに動いた時は、喜びもひとしお。こうした小さな成功の積み重ねが自信へとつながります。何より、その瞬間にこそ、ものづくりの醍醐味を味わえる。不安はあったけれどこの道を選んで正解だったと心から思います。

目指すのは、頼れるリーダーでありスペシャリストであること。

現在、後輩の育成にも取り組んでいます。チームを率いていくうえで、私が意識しているのは、相手の意見をまず認めること。ただ欠点を指摘するのではなく、改善点を提示しアドバイスをするように心がけています。誰でも否定ばかりされていては、質問や報告がしづらくなります。それでは、その人の成長にプラスにはなりませんから、相談しやすい環境を整えることはとても大切なのです。また、活き活きと仕事ができる環境を作るのも、主任である私の務め。作業の共有や適切な割り振りには特に配慮しています。仕事の偏りを避けることで、チーム全体の能力の底上げやワークライフバランスの実現につながると考えています。

一方で、私自身が目指すのは、支払システムのスペシャリスト。「あの人がいれば、このプロジェクトは大丈夫」と言われるような、チーム内外から頼りにされる存在になることです。ただ、それは簡単なことではありません。システムの改正にあたっては、膨大なIT知識と深い業務理解が求められます。私が担当する支払システムでは、ご契約者さまに保険金・剰余金等をお支払いする際の計算式を検討し組み込みます。販売中の商品だけでなく、販売が終了している商品の計算も行うため、その計算式はさまざま。珍しいケースが発生した際には、その都度調べて資料にまとめ、ノウハウとしていつでも引き出せるようにしています。

会社としても、チームとしても。ワークライフバランス推進中。

当社に入社して実感したのは、想像以上にチームで取り組む仕事が多いということです。プログラミング等、個人で作業に打ち込む場面ももちろんありますが、メンバーや他チームと協働して進める業務もたくさんあります。メンバー同士で助け合う空気があります。また、エンジニアの働き方に対して少し不安もありましたが、実際に入社してみると、休暇や時間外労働等への配慮がしっかりしており、働きやすい環境であると感じています。

入社11年目~