2013年入社 仕事は楽しく!確実に!

インタビュー

Q 今はどのようなお仕事を担当されていますか

運用サービス本部は全システムを24時間365日、安定稼働させるための調整、障害の原因特定、そして解決に導き少しでも早いシステムの復旧に努めています。そのほか安全稼働に向けたルールを定めて統制するなど、さまざまなお仕事をしています。

その中で私は、ユーザーからの問い合わせ対応や、システム障害発生時の対処方法を検討・実行。その後の本番データを使った調査までを担当しています。

これまで基幹系、基幹系・運用兼務を経て現在の部署へ配属となりました。

基幹系の配属時は下流工程の設計から、プログラム修正、テストなど担当していました。

実際に自分でプログラムを修正し、テストしたモノがリリースされ、そのシステムを使って、契約が締結されたり、お客様に保険金の支払いなどができたりすることにやりがいを感じました。

開発と運用の両方を経験しましたが、開発では狭い領域に対して深いスキルを求められていたのに対し、運用では幅広く全システムの流れを意識しながら点と点をつないでいくことが重要となり、規模が大きいぶんやりがいを感じます。

Q 当社を選んだ理由・実際に入社されてみての感想を教えてください

当社を選んだ理由は、面接の際や、受付、面接終了後にも社員のみなさんが優しく声をかけてくれたりと、学生1人ひとりへのフォローが手厚く、雰囲気が良さそうだったため入社を決めました。

配属されるまでは、現場の方たちが落ち着いた印象で、馴染めるかが不安でした。

しかし、実際配属されると、部署の雰囲気は明るくとてもアットホームで、上司との距離も近く感じました。

Q 仕事をする上での苦労ややりがいを教えてください

障害対応は何度経験しても大変ですし、毎回発生するとドキドキ(緊張)します。

当社のシステムが停止しまうことで、全国の郵便局の保険業務が停止してしまうため、一秒でも早く復旧させる必要があります。

私の業務は失敗が許されない本番環境での作業ですし、限られた時間の中で、自分に解決できるだろうかという不安に押しつぶされそうですが、自分が培ってきた知識と経験で解決へ導くことができたときには喜びを感じますし、解決途上は大変ながらも楽しさ(面白さ)があります。

Q 仕事をする上で重要だと感じていることは何ですか

一人でどうにかしようとしない。運用は担当範囲が広いぶん、自分のキャパだけでは扱いきれません。小さな不安・疑問点が大きな失敗につながると思うので、困ったときにはキーマンを頼りにして、情報や意見を取り入れるようにしています。

また、自分に任された仕事のスコープだけではなく、自分の仕事がその先の何につながっているのかを理解して進めていくことを心がけています。

自分の仕事、人の仕事の壁を壊して助け合いたい。人のために働き、なくてはならない存在になれるよう自身のスキルアップを含め、日々努力しています。

今後も引き続き助け合いの精神を持ちつつ、周りの人たちにも恩返しできるような人材になりたいです。

Q あなたの働く環境について教えてください

周囲で産休、育休制度を利用している方もいて、制度面が整っている会社だと感じます。そのため、ゆくゆくは自分も制度を利用しつつ、キャリアを構築していきたいと感じています。

現在は、やるときはやる、休むときは休むと切り替えることでメリハリをつけた働き方が実現できています。

仕事終わりには趣味であるヨガに通い、気分転換を行い、休日は体を休めつつ、ドラマ鑑賞などをしています。

入社6~10年目