2016年入社 文系でもコツコツと知識をつけながら成長できるサポート体制

インタビュー

Q 今はどのようなお仕事を担当されていますか

私が所属するオープンシステム本部電子帳票システムグループでは、かんぽ生命の保険契約の内容、保険金支払などの情報を帳票として紙出力していたものを、4月以降電子帳票化し、Web表示可能とし、各サービスセンター拠点、全国の郵便局の端末から参照・印刷する機能を提供しています。

その中で私は、改正案件に関わる他システム担当部署との調整や、影響調査を行う設計工程と、帳票印字のプログラム修正の開発工程を担当しています。

Q 当社を選んだ理由を教えてください

就職活動では幅広い業界を見ていた中で、ITは私たちの生活に必要不可欠なものですので、ITに関する職業に就くことで社会的影響力の高い仕事ができると考えたことがこの業界を選んだきっかけとなりました。

その中でも、国内最大級の生命保険会社であるかんぽ生命の大規模システムを支える環境に魅力を感じたことが、入社の決め手となりました。

企画、開発、運用、保守のすべてを担い安定したシステム稼働を一貫して行っている点も魅力に感じました。

Q 実際に入社されてみての感想とギャップがあれば教えてください

入社前は、システム会社というとパソコンに向かって黙々と業務を行うイメージがありました。実際は、社内のさまざまな世代の人たちとコミュニケーションを取りながら進めることが多かったので、その点ではギャップを感じました。

仕事を進める際は、メールだけではなく、実際に対面してコミュニケーションを取るように心がけています。

Q OJTや社内サポート体制について教えてください

文系出身でプログラミングやIT知識がほとんどなかったため不安を感じていましたが、入社後は3カ月間の外部研修で一からITに関する知識を教えていただきました。

配属後も保険のシステムや新規参入者向けの研修があったり、先輩にフォローをしてもらいながら開発の業務を進められたりと、自分ひとりではなく、周りの方々からサポートしていただけたので、安心して業務を覚えることができました。

Q 今後の目標について教えてください

現在、設計工程から開発工程まで担当しておりますが、担当領域に関する知識をつけて品質向上に努めたいです。そのためには、広く視野を持って日頃から積極的に情報収集を行うこと、他者とコミュニケーションを取りながら協力していくことが必要だと考えています。

周囲を巻き込み、課題解決ができる能力を身につけていきたいと思います。

これから就職活動をするみなさんへ

就職活動を通して、自分の考えを持つだけでなく、他者の声に耳を傾けることで、自分では気づくことができなかったことを新たに発見できると知りました。

自分に合った会社を見つけることは難しいと思いますが、あきらめないことが大切だと思います。

入社1~5年目