2009年入社 ユーザー目線を徹底し、事業に貢献する。

インタビュー

現場の業務を理解して初めて、質の高いシステムが構築できる。

私が日々仕事をするうえで大切にしているのは、ユーザー目線に立ってシステムを構築することです。ここでいう「ユーザー」とは、実際にシステムを利用する、かんぽ生命の社員や全国の郵便局員の方々のことです。現在担当しているのは、保険商品の売上管理やかんぽ生命の決算業務に関わる、会計・決算システムの要件定義工程。どんなシステムにすれば使いやすく、膨大な量の処理を効率的に進められるかを、日々考えながらシステム構築にあたっています。私が担当する要件定義は、プロジェクトの起点となり、成否を左右する重要な工程。エンジニア側の思い込みで失敗しないよう、ユーザーへのヒアリングを徹底して行い、正確な業務理解に努めています。利用者の業務内容を具体的に把握できるようになって初めて、提案できることもあります。

今でこそユーザーに寄り添いながらシステムを提案していますが、最初から意識できていたわけではありません。入社してしばらくは、製造工程を担当しており、保険金の支払に関するシステムの開発を行っていました。ターニングポイントとなったのは、入社4年目。それまではエンジニア側としてプロジェクトに参画していましたが、逆にユーザー側に立って、お客さまが要件をまとめる際のサポートを任されました。ユーザー側の立場で要件定義を経験したことで、どんな経緯で行われているのかを理解できましたし、ヒアリングを重ねユーザーと二人三脚でシステムを構築する重要性を肌で感じました。当時の経験は今の自分の財産になっています。

ユーザーに寄り添い、課題を解決する。

ユーザー目線とは、ユーザーからの要望をそのままシステムに落とし込むことではありません。時には、ユーザーが気がついていないような課題を見つけ出すことも求められます。私が担当しているシステムでは、数値を算出する際の方法が複雑で、組み合わせは数百パターンにものぼります。そんな時に重要になるのは、ユーザー業務への深い理解。そのパターンが一つでもシステム化要件から漏れないように、把握しておく必要があります。分からないことが発生した時には、ユーザーに徹底的に確認し、知識を蓄積するようにしています。

チームメンバーに対しても、ユーザー目線の大切さは伝えています。ユーザーは、システムに詳しい方ばかりではありません。エンジニアにしか分からない専門用語は使わず、分かりやすい言葉で説明するようアドバイスをしています。また、口頭では分かりづらい複雑な内容は、図解も添えています。ユーザー業務の手順に沿って説明し、フロー図を追加することで、理解しやすく、より深い議論をすることができるのです。

成長できたのは、幅広い業務を経験したから。

2011年にかんぽ生命のIT戦略パートナーとして新たな一歩を踏み出したことで、当社に求められる役割も変わってきました。現在は、上流工程から下流工程まで一貫してかんぽ生命のシステムを担っています。その中で、さまざまな業務を経験してきました。幅広い業務を経験し、多様な視点や知識を身につけることが、エンジニアとしての成長には欠かせません。当社には、一人ひとりが成長していけるフィールドがあります。

入社11年目~