2019年入社 小さな成功体験の積み重ねが自信につながる

インタビュー

Q 今はどのようなお仕事を担当されていますか?

システム開発部で、かんぽSOLのシステムの全体像をつかむために、基幹系とオープン系のシステム開発業務を基礎から学んでいるところです。今はWebオンラインの画面設計を中心に勉強しています。

2年目以降の配属はまだ決まっていないのですが、オープン系のJavaを中心とした業務に楽しさを感じているので、続けていきたいという希望はあります。

Q 当社を選んだ理由を教えてください

大学では主にコンテンツデザインについて学んでいました。プログラミングの経験はわずかだったのですが、IT業界で仕事をしたい思いが強く、なかでも自分が大学で学んだことを活かしてユーザーを意識したものづくりに携わることができる、かんぽSOLへの就職を決めました。

プログラミング経験がないことについて、入社当初は不安もありましたが、かんぽSOLでは新入社員に対する教育体制が整っているので、じっくりと学ぶことができました。入社してまもなく1年になりますが、配属が決まったら今まで学んできたことを活かして働いていきたいです。

Q 1年を通して成長した実感はありますか?

プログラミング初心者だったころと比べれば、基本的なことはひと通りできるようになりましたし、ここ数カ月は、単体試験のテスト工程の経験などを通して、少しずつ技術が身についてきている実感があります。

実は、入社当初はなかなか先輩に質問するタイミングがつかめずに、溜め込んでしまうことが多かったんです。自分の中で疑問点を整理できず、自信がなかったんですね。でも、最近はきちんと何がわからないのかを整理したうえで、質問して理解できるようになりました。ずいぶん積極的に仕事に関わることができるになったと感じています。

Q この会社で1年間働いた感想を聞かせてください。

まだ研修期間なので、大きなやりがいや達成感を得られた経験はそこまではないのですが、画面設計などで、コーディングした通りに動作してくれたときにはとても嬉しいです。こういった小さな成功体験を積み重ねることが自信につながるのだと思っています。それに、最初はバラバラだった知識が、演習を通してつながっていき、理解が深まっていく過程はとても楽しいです。

入社する前は、「会社に入ったら自分で全部の仕事を進めないといけないのかもしれない」「周りの人たちはみんな優秀でついていけないかもしれない」という不安が大きかったのですが、全くそんなことはありませんでした。困ったことがあればすぐに上司や先輩に相談できますし、温かく見守ってくれる環境がとてもありがたいです。

Q 就職活動中の学生さんにアドバイスをお願いします。

私は正直、就職活動中には将来自分がどんな仕事をしてみたいか、具体的なイメージが持てませんでした。ですが、自分の専門にとらわれずに、視野を広く持っていろいろな話を聞いてみた結果、自分にぴったりの会社を見つけられたと思っています。

就職活動中のみなさんの中には、やりたいことがわからないという人もいるかもしれません。固定観念に縛られずに、さまざまな分野の会社を見てください。関係ないと思っていたことが、実は自分が勉強してきたことや興味のあることとつながるかもしれませんよ。

入社1~5年目