2014年入社 かんぽ生命の中長期的なIT戦略を担う

インタビュー

Q 今はどのようなお仕事を担当されていますか

入社後、基幹系システムの設計、保守、次期システム更改プロジェクト、プロジェクト予算管理業務を経て、入社5年目からは、次世代システム企画室に所属し、かんぽ生命の中長期的なシステム将来像(グランドデザイン)を企画しています。

現在の担当業務はシステムのあるべき姿を描くため、金融・保険業界の動向や市場環境、将来予測を行い、最新のITトレンドや事例研究、かんぽ生命の事務構造やシステムが内包する課題の分析やそれらの解決策の検討などを行っています。

その中で私は、特にデータという観点から、いかにユーザーにとって有益な情報を速やかに、かつ柔軟に活用可能にできるかを考え、その仕組みづくりを担当しています。

今はまだ構想段階ですが、将来実現したときのことを常にイメージし、最善のシステムを構築できるように日々精進しています。

Q 当社を選んだ理由を教えてください

システムを作ってみたかったためです。

学生の頃にシステムを構築した方に出会い、その方のお話に魅力を感じてIT業界を選びました。もともと福祉の大学でしたが、文系出身でもIT業界で活躍ができ、自分が作ったシステムが形になり、世の中に出ていく点に魅力を感じました。

当社への入社理由は、社員と話して雰囲気が良く、楽しく仕事ができそうだと感じたため、入社を決めました。

Q 実際に入社されてみての感想とギャップがあれば教えてください

文系出身ということもあり、研修中はITの知識、技術を3か月という短期間で習得するのが大変でした。年次が上がっても学ぶことが多く、勉強の日々が続いています。

会社もIT業界全体も日々成長していますので、流れに遅れないためにも、自らアンテナを張って情報収集しながら学ぶ姿勢が大切だと感じています。

また、社風は入社前に感じていた「雰囲気が良さそう」というイメージ通りでしたが、管理者と距離が近く、気軽に話しかけられたりお話しできたりする環境であることは、良い意味でギャップを感じました。

Q 今まで経験されてきたこととやりがいについて教えてください

入社後の研修やOJTを経て、1年目後半からシステム設計を任せてくださいました。

最初は特に、分からないことが多く苦戦していましたが、先輩や上司の方々の助けを得ながら何とかやり遂げることができました。

自分が設計し、テストの検証などを行ったシステムが、リリースされ安定稼働していると分かったときは、達成感とやりがいを感じました。

また、次期システム更改プロジェクト、プロジェクト予算管理業務においても、信頼して仕事を任せていただける環境であったからこそ、それぞれの業務において達成感とやりがいを感じることができたと思っています。

当社には、キャリアが浅い若手でも先輩方と同じように活躍し、達成感とやりがいを感じながら成長することができる職場環境があると思います。

Q 今後の目標について教えてください

現在は部署内で最年少であり、日々上司や先輩に助けていただくことも多いですが、今年度(2019年度)からは主任となり責任も伴ってきていますので、今まで以上に自覚を持って業務に取り組まなければならないと感じています。

いずれは後輩が入ってくると思いますので、先輩や上司の意思を受け継ぎつつ、リーダーシップを持ってより良いシステムを作るために、日々努力していきたいと思っています。

入社6~10年目