2016年度入社 チャレンジしやすい環境で大きな仕事を成し遂げたい

インタビュー

Q 今はどのようなお仕事を担当されていますか?

所属部署では、保険金をお支払いする際に、支払いが可能かどうか、他に支払うことができる保険金がないかなどを査定するシステムの設計・保守を行っているのですが、私は、同じ部署内で立ち上がった「内製化プロジェクト」に参画しています。

「内製化プロジェクト」は、要件定義工程以降の外部設計や製造工程など、これまでパートナー企業に委託していた部分を内製化して、より下流工程の精度を高めることを目的としたプロジェクトになります。発足して間もないこともあり、課題は多いのですが、ようやく各工程の手順や必要な作業が明確になってきて、少しずつ前に進んでいる段階です。

Q 当社を選んだ理由を教えてください

大学でプログラミングを学んでおり、早い段階から情報系の企業に進んでSEになりたいという希望を持っていました。学ぶうちに、システムそのものの構築の楽しさとは別に、研究室で経験した「なぜこのシステムをつくるのか」「この課題を解決するためにはどんなシステムがあればいいのか」といった部分を検討する上流工程に面白さを感じて、就職先はユーザー系のIT企業を志望することにしました。

就職活動では金融系なども検討していたのですが、保険業は、生まれたばかりの子どもからお年寄りまで、全世代に必要とされている職業である点、そしてなにより、説明会でかんぽSOLの先輩社員がとてもいきいきとしていたことが、決め手になりました。

Q どんなときに仕事のやりがいを感じますか?

保険業界のなかでも、かんぽ生命保険は保有契約数も非常に多く、社会への影響が非常に大きな会社です。ですから、システムにおけるほんの少しの不具合でも、世の中に多大な影響を与える可能性があります。責任は非常に重く、その分やりがいも大きいと感じています。

また、今全力を注いでいる「内製化プロジェクト」が本格的に始動すれば、かんぽSOL内で全ての工程を担うことになる可能性もあるので、非常に大きなやりがいがあります。複雑なプロジェクトなので、全てが実現できるかどうかはわかりませんが、まずは自分たちでつくったものをリリースするところまで持っていきたいと思っています。

Q 当社の風土についてはどう感じていますか?

この会社は、新しいことに挑戦しやすい風土があると感じています。上司や先輩が「まずは好きなようにやってごらん」と言ってくれるので、思い切って挑戦することができます。もちろん、失敗したり行き詰まったりしたときには的確にフォローしてくれます。

今私が責任の大きな仕事を任せてもらえるのも、入社以来、周りの人たちにサポートしてもらいながら挑戦を繰り返し、積み重ねてきた信頼があるからこそだと思いますし、常に信頼してくれる皆さんの期待に応えたいと思っています。

Q 今後取り組んでいきたいことを教えてください

周りの先輩方がチームを持つなど、リーダーとして活躍されている姿を見て、「いつかは自分も同じような働きをしてみたい」と強く感じています。

そのためにはまず、システムの細かな仕様や環境まわりの技術を身につけて、「川西に聞けばなんでもわかるよ」と言われるくらい、プレーヤーとしての専門性を高めること。その次のステップとして、マネジメントを視野に入れて、自分を成長させていきたいと思います。

入社1~5年目