2018年度入社 信頼して任せてもらえることがモチベーションにつながる

インタビュー

Q 今はどのようなお仕事を担当されていますか?

部署全体では、タブレット端末を駆使した営業支援システムなど、かんぽ生命のフロント向け及びバックオフィス用システムの開発や保守を担当しています。そのなかで私は、郵便局の窓口でお客さまの保険サービスを支援する端末システムの、改正案件に関するプロジェクト管理や、運用監視、問い合わせ対応などに従事しています。

2年次にしては高度な業務内容だと周囲の方に言われることもありますが、「私ならできる」という評価のもとで任せていただいていると思うとやりがいもありますし、直接会社の利益につながる業務に関われていることが嬉しいです。

Q 当社を選んだ理由を教えてください

大学ではプログラミングとは縁の遠い社会学を学んでいたのですが、将来どんな仕事に就きたいか考えたときに、ものごとを論理的に考えて、人と対話しながらその考えを深めることが好きな自分が能力を発揮できるのは、瞬発力が必要な営業職や総合職よりも、SEなのではないか、と思ったのがきっかけです。

また、今後IT化が進む中で、機械技術に触れることは、将来なにをするにしても役に立つだろうという気持ちもありました。そのうえで、文系社員が多く活躍しており、国内最大規模のシステムに携われる社会貢献性、転居を伴う転勤がほとんどない安定性などが決め手になって、かんぽSOLへの入社を決めました。

Q かんぽSOLの魅力はどんなところだと思いますか?

チームワークだと思います。部署内の縦の関係の関係者と、システムをまたいだ横の関係者が、プロジェクトを完遂するために柔軟に動くことのできる会社だと感じています。

また、人を会社全体で育てようとしているところも素晴らしいと思います。先輩方は技術面以外にもさまざまなことを教えてくれますし、私のやりやすいように仕事の段取りを進めてくれます。そうした配慮からは、先輩方が私を育てようという実直な思いが伝わってきますし、私自身、皆さんのおかげで成長できている実感もあります。

また、文系出身者が多いからこそ感じるのが、IT企業だからといって、文系・理系を気にする必要はない、ということです。かんぽSOLが扱う情報分野は、論理的思考力や課題発見力といった、誰もが鍛えられる能力が重視される分野なので、理系でなくても十分活躍できる会社だと思います。

Q 仕事が楽しいと思うのはどんなときでしょうか?

担当していた案件が無事にサービスインできて、サービスイン後の問い合わせが落ち着いてきた頃になると、自分の携わったものがうまく世に出て運用され始めたのだな、と感慨深いです。

また、今の業務では要件定義工程での作業が多いため、結合試験工程に入って、実際に製造されたシステムに触れられて要件通りに動作していることを確認できたとき、自分が関わったものが形になっていることに対する喜びを感じます。

Q 今後の目標を教えてください

担当しているシステムについて理解できていることが直近の目標ですが、それはある意味当たり前のことだとも思っています。ここで満足せず、今後はユーザーや各部門の有識者からも同様の評価をいただけたうえで、調整力や交渉力が必要な相談事でも頼りにされるようにがんばりたいです。

また、自分が社会学を学んでいたということもあり、組織づくりや制度づくりに興味があるので、さまざまな部署で経験を積んだのちに、いつか制度を考える立場の人になれたら、誰もが不安なく働けるような組織づくりに挑戦してみたいですね。

入社1~5年目