女性が安心して働ける会社へ

女性活躍推進の取組

女性活躍の推進に向けて、3つの柱で取り組みをしていきます。

2019年度より、第1の柱「長く働き続けられる環境の整備」の一環として、育児や介護等で離職した者を対象とした「再採用制度」と、ライフスタイルに応じた働き方を実現できる「フレックスタイム制」の導入を実現します。

女性活躍推進交流会

2019年3月に「女性活躍推進交流会」を開催しました。

今回の交流会では、当社の女性活躍に関する取組内容の紹介のほか、他社で活躍される女性管理職の講話や、普段交流することがない他部署の社員同士での情報交換を実施しました。

ワークライフバランスとは何か、女性活躍推進とは何か、自分自身はどのような働き方を目指していきたいか…

社員自身の今後のライフスタイルやキャリア形成について考える機会となり、第2の柱「多様な人材が能力を発揮できる企業風土づくり」の第一歩につながりました。

今後もイベントを開催する等、女性活躍の推進に向け、取り組みを継続していきます。

社員インタビュー

2018年入社

オープンシステム本部

私は別のシステム会社から転職したのですが、かんぽSOLは中途採用や他社から出向で来ている人が多く、なじみやすい職場です。また、この会社は上層部の方々が、現場の私たちと近い位置にいてくださるので、どんな話もしやすい雰囲気があります。

現在は子育てをしながら、管理職として勤務しています。女性は男性に比べて、ライフイベントによる環境の変化が多く、キャリアを積みたくても立ち止まらなくてはならないことがあります。何を優先すべきか悩むこともありますが、誰かのせいにせず自分で決めたと胸を張れる選択をしていきたいです。幸い、私の周囲には家族はもちろん、上司やチームメンバーなど、頼れる仲間がたくさんいて、私の選択を後押ししてくれます。

2011年入社

基幹システム本部

私は産休を取得後に復帰して、今は子育てをしながら仕事を続けています。保育園の都合で残業できなかったり、子どもの体調不良で突発的に会社を休んだりすることもありますが、私のチームは子どもがいる社員が多いため、育児に関して理解があり、とてもありがたいです。また、かんぽSOLには子どもの看護休暇や、時短勤務が取得できるなど、子育て中の社員に手厚い制度が整っている点も、働きやすさにつながっています。産休中には社内報を送っていただき、家にいながら会社の出来事がわかったおかげで、スムーズに復帰できました。

現在は、少しずつ責任ある仕事を任せていただくようになり、キャリアアップを続けています。育児をしている先輩社員の中には、役職についている方がたくさんいます。私も先輩たちのように、これから育児を経験する社員の見本になれるようがんばります。

1996年入社

基幹システム本部

これまで、男女で待遇面の差を感じる会社は普通にありましたが、かんぽSOLには男女で業務内容や待遇面の差はありません。開発チーム一丸となって同じ目標に取り組み、わからないことがあれば教え合いながら、業務に取り組んできました。周囲には優しいメンバーが多く、人的なストレスを感じずに働けています。

長年勤める中で、大規模なシステム更新などで開発量が膨大になり、仕事がきつい時期もありました。しかし、プロジェクトの合間にはきちんと長めの休暇を取得でき、心身を休めることができます。私は1週間ほど大好きな海外旅行をすることで、自分をリフレッシュするようにしています。

もともと働きやすい会社でしたが、世の中の流れに合わせて社内制度がさらに整備され、働きやすさが増しています。あまり「女性だから」と構えずに、一社会人として業務に取り組める環境が、ここにはあると思います。

2016年入社

基盤システム本部

現在私は、ミッションクリティカルな大規模プロジェクトに立ち上げから参画しています。プロジェクトマネジメントを体感しながら学べることは、キャリアを形成する上でとても有意義です。入社3年目で、周囲の助けを借りることもありますが、上司がどんどん仕事を任せてくれるので、自身の成長や仕事への手応えを感じています。

かんぽSOLで働くことの魅力は、男女問わず自分自身の経験や能力を評価してくれること。そして、有給休暇が取得しやすいことです。有給消化を全社的に推奨していますので、周囲に気を遣って休みにくいということはありません。

今後は、もっとプロジェクトマネジメントのスキルを向上させ、プロセス効率化と目標達成を両立できるようになりたいです。そのため先輩や上長のやり方を参考にしながら、複数チームと円滑にプロジェクトを進められるよう、スキルを磨いていきたいと思います。