2014年度入社 努力した分評価される働きがいのある職場

インタビュー

Q 今はどのようなお仕事を担当されていますか?

私の所属する基盤維持開発部では、稼働しているシステムの基盤部分の維持管理を担っています。私自身は販売実績などを収集するシステムの更改プロジェクトに従事し、基盤構築のチームリーダーを担当しています。

チームリーダーとしてプロジェクトに携わるのは初めてで、これまで培ってきた知識と、これから意識すべき視点を同時に持ちながら仕事に取り組まなければならず、悩むこと、考えさせられることが圧倒的に多いです。

ただ、新しい技術の導入やレビューに向けた事前準備などを通して、自分の知識やノウハウが増えていることを実感できますし、リーダーとしてみんなをまとめて業務を遂行することには、大きなやりがいを感じています。

Q この仕事を選んだ理由を教えてください。

大学では経営学を学んでいたのですが、ゼミの教授がプログラミングの専門で、経営学とプログラミングを組み合わせた授業をしていたんです。授業を受けるうちにプログラミングに興味を持つようになり、仕事にしたら楽しいのではないかと思ったのが、SE職を志したきっかけです。

「社会に貢献すること」に主眼を置いて就職活動をしていたので、日本郵政グループの一員として、かつSE職として人の役に立つ仕事ができる点からかんぽSOLを選びました。一緒に働く「人」に魅力を感じたことも大きかったです。就職活動の際に先輩社員と話す機会があったのですが、皆さんのアットホームな雰囲気と仕事に対する姿勢から、「一緒に働きたいな」と思えました。

Q 入社してみて、イメージと変わったところはありますか?

思っていた以上に上司や先輩社員との距離が近くて風通しがよく、とても働きやすい会社だと感じています。

また、入社するまでは、業務は全て社内で完結するものだと思っていたのですが、パートナー企業の方と協業してプロジェクトを進めることが多い点は意外でした。かんぽSOLはかんぽ生命のシステムを専門に扱う会社なので、外部でさまざまな経験をされている方々と一緒に働くことで、自分も視野を広げることができています。

Q 仕事のなかで心がけているのはどんなことですか?

「周囲の人たちときちんとコミュニケーションをとること」と「常に周りの動きを意識すること」です。

SEというとPCに向かって黙々と作業するイメージがあるかもしれませんが、関係者との合意形成をしたり、作業の調整をしたりと、実際は人との関わりがとても多い仕事なので、コミュニケーションの重要性はとても高いんです。

また、リーダーになってから特に意識するようになったのは、「パートナーの提示する内容に自分自身が納得すること」と、「全体を俯瞰する視点を持つこと」。

リーダーとしてプロジェクトを円滑にマネジメントするためには、プロジェクト全体を把握し、なぜその業務が必要なのか責任を持って理解し、管理することが重要だと感じています。

Q 当社の「働きやすさ」についてお聞かせください

年次休暇や有給休暇はなんの問題もなく取得できます。また、私はまだそのような状況ではないのですが、会社が産休や育休の取得を推進しており、男女問わず産休・育休を取得している同僚を見ているので、将来のライフステージを見越しても、安心して働ける環境だと感じています。

仕事という面においても、かんぽSOLは、女性だから、もしくは文系学部出身だからといった理由で評価が変わることは全くありません。人財育成制度も充実していて、部署ごとに育成プランが組まれているので、出身学部に関わらずスキルを伸ばせる環境が整っています。成長を望めばいくらでも成長できますし、頑張ればその分評価してもらえる、とても働きがいのある職場だと思います。

入社6~10年目