そばにいるから、できることがある。

人財育成

育成体系

社員に求められる能力やスキルを定義し、階層別の育成テーマ・方針に沿って、それらを身につけるための研修や実務経験を整理した育成体系を構築しています。

社員は育成体系に基づき、上司とともに育成目標を設定し、育成計画を立て業務やOJT・研修を通じて経験を積み、能力を備えたITプロフェッショナルとして成長していきます。

内定者研修

入社前の内定時に複数回の内定者研修を実施しています。情報処理技術者試験の取得を推進しているため、内定者研修では基本情報試験対策の講義と通信教育を提供しています。IT経験のない方でも、着実に力を積み上げることが可能です。

また、内定者研修では先輩社員との座談会を行っており、入社1、2年目の年齢の近い先輩や中堅社員から話を聞き、入社後のイメージを膨らませていただいています。

新入社員研修

入社後の新入社員研修は、約3ヶ月間に渡り、社会人としてのビジネス基礎、システムエンジニアとしての土台となるIT基礎に関する研修を実施しています。

[社会人としての研修] ビジネスマナー、ビジネスライティング、生命保険基礎 [エンジニアとしての研修] IT基礎、システム開発入門、システム構築トレーニング(Java、COBOL)

ビジネスマナー、ビジネスライティングに加え、生命保険の基礎について学びます。生命保険の基礎知識は、業務に必要な知識であることはもちろん、自分の人生設計について考える良い機会にもなります。

IT基礎は、 ITを基礎から体系的に学ぶカリキュラムとなっており、IT経験のない方でも安心です。

システム開発入門で、一般的なシステム開発のプロセス(要件定義、設計、テスト等)について学びます。このプロセスに則り、JavaやCOBOLを用いたシステム構築トレーニングを行います。

研修は、講義や個人・グループ演習など多様な方法で学び、報告書の作成やプレゼンテーションなど、アウトプットの場も多数あります。

若手育成部門

新入社員研修後、新入社員は各部署に配属になるのではなく、全員、若手の育成部門に配属になります。約2年間の所属期間にプログラミングの経験を積み、しっかりと基礎固めを行います。この期間は、今後、ITプロフェッショナルとして上流工程を担う上での、重要な基盤作りと位置付けています。

階層別研修

階層別に、コミュニケーション・コーチング・リーダーシップなどのヒューマンスキルをテーマに研修を実施しており、豊かな人格を備えた人財の育成を支えています。

IT技術に関しては、各部での研修に加え、先端技術を学ぶIT知識向上セミナーや社外研修の受講により、ITプロフェッショナルとしての知識習得を推進しています。

資格取得支援

資格取得に向けて部内の勉強会を実施したり、資格取得の際の受験料支援や、合格した場合には合格一時金を支給するなど、資格取得を奨励、支援しています。

メンター制度

入社1~3年目の社員に対して、業務を教えるOJT担当者とは別に、先輩社員がメンターを担当します。メンターは、相談相手やよき理解者として、若手社員の自発的な成長を支援します。