コーポレートサイト

PERSON

髙瀬 典晃Noriaki Takase

現行システム1部
業務処理系システム開発担当
会計・決算系1G 主任

2008年入社

社会貢献性の高いシステムに
携わる醍醐味。

プログラミングの
スペシャリストとして。

学生時代、講義でプログラミングに触れる機会がありました。自身で処理の順序を考え、トライアンドエラーを繰り返しながら、目的通りにシステムが動いていく。その仕組みづくりが面白いと感じ、システムエンジニアを志すようになりました。その中でも当社を選んだのは、かんぽ生命という安定した基盤と、社会貢献性の高いシステムに携われると感じたから。加えて、自分自身がかんぽ生命の保険に加入していたこともあり、より身近な存在だったからです。入社以来、製造工程(プログラミング)のスペシャリストとして、キャリアを積んできました。当社では、要件定義や設計等のいわゆる上流工程から製造・テストといった下流工程まで、自社で担っているからこそ、さまざまなキャリアパスを描くことができます。私のように特化したエンジニアを目指すこともできる環境があります。今後はさらに知識を磨きながら、会社とともに成長していきたいと思っています。当社が携わるシステムは大規模であり、現在、パートナー会社と協業している状況。しかしながら今後は、製造工程のような細かな部分まですべて、私たち社員だけで担える様に領域を広げていこうとしています。私も強みを活かして、チャレンジを続け、会社の発展の一翼を担っていきたいですね。

年齢や役職に関係なく
気軽に相談できる風通しの良さ。

当社は風通しが良く、互いにフォローし合える風土があります。短期間で開発しなければならない改正案件に携わったときのこと。効率的な開発手法について上司に提案したところ、採用されたことがあります。年齢や役職に関係なく、一人のエンジニアとして、真摯に向き合ってもらえる。大変嬉しかったですね。また、中堅社員となり、後輩の育成にも注力しています。普段からコミュニケーションをとることはもちろんですが、いつでもフォローできるように都度、進捗度合も確認しながら、適切なタイミングでの声掛けを心がけています。ITやシステムという言葉に躊躇してしまいがちですが、気軽に相談できる雰囲気があるので、安心して飛び込んできてほしいと思います。仲間とともに大規模システムを支えていける。これも当社の魅力の一つかもしれないですね。


所属部署はインタビュー当時のものとなります。